神戸,西宮の歯医者、歯科なら屈指のインプラント実績|小西デンタルクリニック

診察・相談のご予約は 0798-56-8555

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

△…17:00まで/
休診日:日曜日・祝日

ドクターコラム

ドクターコラム

インプラントと禁煙の関係

2016.02.17

神戸や西宮市では高度な歯科治療を行うクリニックや大学病院が数多くありますが、2,000年以降の傾向としてインプラントの専門クリニックを抜きに語ることは出来ません。インプラントはそれ自体は古くからある治療概念ですが、チタンを利用した画期的な治療法が開発されてから、急激にその普及が始まりました。

そのため神戸や西宮市でも多くの歯科クリニックでインプラントの治療が行えるようになったのですが、リスクも少なく安全に行えるようになったので、現在でも老若男女問わず多くの方が治療を行っています。こうした神戸や西宮市でも行われてきたインプラントは、これまで感染症のリスクなどが少なからずあったのですが、製品自体の改良やよりリスクの少ない器具や治療法などが次々に登場しています。しかし、神戸や西宮市の歯科クリニックでも多くの医師が警鐘を鳴らすことですが、現在喫煙習慣のある方の場合には従来よりも多大な治療リスクを伴うことがあります。ここでは神戸や西宮市での歯科治療を元に、インプラントと喫煙の関係について見ていきましょう。

喫煙習慣は呼吸器系や内臓系の疾患の重大な引き金になることは知られていますが、歯科治療においてもリスクの増大が見られます。たばこにはニコチンやタールなど200を超える有害物質が含まれていますが、こうした成分が体の免疫力を低下させてしまいます。インプラントに使用されるチタンは極めて人体と相性の良い素材ですが、少なからず感染を引き起こすリスクがあります。しかし、喫煙によって免疫力が低下している方の場合には、こうした感染症のリスクが許容範囲を超えるほど増大してしまうので、治療の危険性や将来の性能維持が難しくなってしまいます。

また喫煙習慣によってビタミンCが破壊されると、傷口の再生や健康な歯茎の維持が難しくなってしまうので、これらも合わせて考えると喫煙習慣がインプラントの治療に与える悪影響は決して無視できないものになります。実際神戸や西宮市以外でも、こうした喫煙習慣がある方は治療のリスクだけでなく、将来的なインプラントの寿命にも悪影響となってしまうことが分かっていますので、歯科クリニックによっては治療中の喫煙を禁止しているところもあるほどです。

このように神戸や西宮市の歯科クリニックでも非常にデリケートになっている喫煙習慣とインプラントの関係ですが、安全に治療を行うためにはせめて治療期間だけでも禁煙を行うことをおすすめします。また喫煙習慣が普段からあった方の場合には、歯科クリニックで行う事前検査の際にも様々なリスクが発見される可能性が高いので、神戸や西宮市などのクリニックで適切な事前検査を受けた上で治療を開始して下さい。

 

神戸の西宮の歯科で、インプラント手術を考えているという人も少なくありません。

神戸の西宮には、さまざまな歯科がありますが、最近では、インプラント手術を行っているしかも増えてきています。

神戸の西宮で、歯の治療をする際に、歯科でインプラント手術を薦められるケースも多いです。

なぜ、神戸の西宮の歯科でインプラント手術がよく行われているのでしょうか。

最近では、歯周病で歯を失ってしまうというケースが増えています。

そこで、神戸の西宮の歯科では、歯周病の患者さんが増えていますし、インプラント手術で歯の再生を勧めていることが多いのです。

神戸の西宮の歯科で行われているインプラント手術では、失ってしまった歯を再生することができますし、また再び食べ物を噛むことができ、健康なお口をとりもどすことができるのです。

しかし、神戸の西宮の歯科で、インプラント手術を成功させるためには、さまざまなコツがあります。

まず、神戸の西宮の歯科で、インプラント手術を受ける際には、喫煙などはよくありません。

喫煙には、口の中に、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

まず、喫煙をすることで、歯茎が収縮してしまいます。

このため、神戸の西宮の歯科で、インプラント手術を行った際に、喫煙をしてしまうと、歯茎などが収縮してしまい、傷口の治りなどが非常に遅くなってしまうというリスクがあります。

また、神戸の西宮の歯科で、インプラント手術を行った場合に、喫煙を続けてしまうと、歯茎などが収縮し、また歯周病が進んでしまうという可能性があります。

このため、神戸の西宮の歯科で、インプラント手術を行った際には、しっかりと禁煙をして、タバコを吸う習慣をなくすことが必要となります。

また、喫煙と言うのは、口の中に、大変悪影響を及ぼします。

まず、喫煙をすると、口腔内の環境が良くなく、歯茎に悪影響を及ぼし、歯周病となるリスクを増やします。

このため、歯周病の人には、喫煙者が圧倒的に多いのです。

インプラントをしたいと考えているのであれば、まずは禁煙をして、そして歯周病の予防から始めるということが必要です。

そうしないと、せっかくインプラントで歯の再生をしたところで、また別の歯も失ってしまうというリスクがあります。

インプラントは、その費用なども高額になりますので、あまりたくさんの手術をすることになると、費用面でも大変ですので、喫煙の習慣には気を付けるようにしましょう。

pagetop