神戸,西宮の歯医者、歯科なら屈指のインプラント実績|小西デンタルクリニック

診察・相談のご予約は 0798-56-8555

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

△…17:00まで/
休診日:日曜日・祝日

ドクターコラム

ドクターコラム

骨造成とはどのようなものか

2016.02.29

骨造成とはどのようなものか

歯科医院で、インプラントによる治療を受けようとした際に、あごの骨が薄かったり、顎の骨が少ないというためにインプラントによる治療を受けることが出来ないという体質の人が存在します。そのような人々は歯医者さんでインプラントによる治療を受けることが出来ないのかというとそうではありません。そのような体質に悩む人々でも、思い通りの治療を受けることが出来る方法があります。それが骨造成治療とよばれるもので、この治療方法は、本人の移植骨や人工骨を使って、インプラントを入れることができる厚みになるまで、顎の骨を成長させて回復させるという治療方法になります。歯が抜けてしまって長い間そのままにしているとその部分の骨がやせてしまいますが、そのような場合にも骨造成によって回復させることが可能といえます。骨造成にはサイナスリフト、ソケットリフト、GBR法といった方法があります。これらの治療方法に関しては、サイナスリフトは、上顎の骨の高さが3~4mm程度しかない場合や、複数の歯がなくなってしまっている場合に使用します。上顎の歯肉を側面から切開して、顎洞粘膜と骨の間に人工骨を埋めるという方法で、治療期間は約6ヶ月ほどかかります。ソケットリフトは、上顎の骨の高さが6mm程度で、もう少し増やしたいという場合に使用します。インプラントを入れる部分に穴を開けて、人工骨を入れ、骨の高さを生み出します。人工骨と一緒にインプラントを埋めこむので、約4ヶ月ほどで治療我終了します。GBR法は、骨の厚みが足りない場合の治療方法で、骨の足りない箇所に人工骨を入れて人工膜で覆って固定します。しっかりとした骨になるまで待って、人工歯を装着します。治療期間は約2~8ヶ月ほどとなります。

西宮でもたくさんの歯科医院があるのでインプラントの治療を受けたいけれど、治療を受けることが出来るのか心配だという人がいれば、まずは最寄の歯科医院に通うことがおすすめです。歯医者さんによって得意とする治療方法も異なるので事前にしっかりと歯医者さんの特色をリサーチして納得の行く治療を受けることが出来るようにすることがベストで、特に骨造成などは専門的な知識も必要となるので、技術の高い医院で治療を受けることが治療に伴うトラブルを回避する上でも重要といえます。骨造成を得意としている歯医者さんはインターネットや地元のクチコミなどを利用して調べるとすぐに見つかるのでおすすめです。

インプラントは入れ歯やブリッジに比べ、高い咀嚼力や審美性を実現出来るので、神戸や西宮市の歯科クリニックでも多くの方に選択される治療法です。またインプラントは20歳以上の骨の成長が止まった方という非常に簡単な条件で行うことが可能で、基本的には手術が可能な年齢ならば高齢者の方でも十分治療を行うことが出来ます。

このように多くのメリットのあるインプラントですが、神戸や西宮市の歯科クリニックで治療を検討している方の中には、少なからずスムーズに治療が出来ないというケースもあります。これは神戸や西宮市に限定されることではありませんが、インプラントの治療は非常に重要な工程のオンパレードです。特にインプラントの土台と骨を密接に結合させるということは、手術自体の成功はもちろん、その後何十年と継続して使用していくためには必須の工程です。

しかし、神戸や西宮市の歯科クリニックでもよく見られることですが、先天性や後天性の事象で、歯茎の量や厚みが足りないというケースが見られます。特に歯周病が原因で歯を失ってしまった方の場合、元々こうした歯茎の量が不足しているので、検査の段階で治療が不可能と判断されてしまうことがあります。実際神戸や西宮市の歯科クリニックでもこうした歯周病やその他の症状によって安全な治療が可能な歯茎や顎の骨の量ではないと診断されることもあるのですが、こうした場合には骨造成と呼ばれる治療が行われます。

これは顎の骨の量や厚さを取り戻すため、GBRと呼ばれるガイデッド・ボーン・リジェネレーションなどを行います。こうした骨造成ではある程度の期間が必要になりますが、インプラントを行うのに十分な骨の量と厚みを確保するために、人工の骨補填材などを使用して治療を行っていきます。この際に使用される骨補填材は神戸や西宮市の歯科クリニックでも多様なものが使用されていますが、自分の骨を移植する自家骨や他人の骨を使用する他家骨、さらには人工の骨補填材など様々なパターンがありますが、感染症のリスクや心理的な問題などを考慮して選択されます。

こうした骨造成の治療を行った後、適正な骨の厚みを確保出来たと判断出来れば、いよいよ本格的なインプラント治療を開始することが出来ます。神戸や西宮市の歯科治療の中でも長期に渡るインプラント治療ですが、こうした骨造成を行うとさらに期間が長くなってしまいます。しかし、安全に歯科治療を行うためには必須となる作業なので、神戸や西宮市でこうした治療をお考えの方は、必ず事前に歯科クリニックなどで治療期間などをカウンセリングでご確認の上計画的に治療を開始して下さい。

slider01

pagetop