神戸,西宮の歯医者、歯科なら屈指のインプラント実績|小西デンタルクリニック

診察・相談のご予約は 0798-56-8555

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

△…17:00まで/
休診日:日曜日・祝日

ドクターコラム

ドクターコラム

歯列矯正をしたいと思ったら。短期間で行えるブラケットを使用したインプラント矯正

2019.01.24

1:なぜ歯列矯正を行うの?矯正によりきれいで整った身体を手に入れよう

① 歯並びだけではなく姿勢まで。審美性の向上や噛み合わせ改善により健全な身体へ

歯並びを改善することで、いくつかのメリットがあります。

一つは笑顔がきれいに美しくなるということです。もう一つはかみ合わせが改善されることで、歯の間に汚れが付きにくくなることや、歯みがきがしやすくなることで虫歯や歯周病になりにくくなるという効果があります。

② 綺麗な歯だと虫歯知らず?矯正を行うことによる虫歯・歯周病の予防やリスクの低下

上記でも述べましたが、歯列が適切に並んでいることで、歯と歯の間に汚れがたまりにくくなる、あるいは同じように歯みがきをしても、よりきれいになります。

このことにより、虫歯や歯周病になりにくくなるという効果があります。

 

2:歯列矯正の方法は?ブラケットとインプラントを併用した矯正で歯を整えよう

① 歯列全体の形を整える。インプラント技術を用いた矯正とブラケットのみの矯正におけるメリット・デメリット

まず、インプラント矯正という治療法についてですが、これは歯を失った部分に人工の歯の歯の根を埋め、かぶせものをかぶせるインプラント治療とは全く異なる治療です。

インプラント矯正とは歯茎の部分に小さなインプラントを埋め込み、その部分を固定源として、矯正治療を行う方法です。

インプラント矯正を行うメリットは、矯正治療を早く進めることができることです。

通常のブラケット治療よりも治療期間が短くなります。

インプラント矯正のデメリットは、インプラントの破折や脱落、周囲粘膜の感染、炎症の可能性が考えられます。

 

② 動かすのが難しい歯でも治療可能。インプラントを用いた矯正の治療方法と治療の流れ

インプラント矯正を用いることで歯により強い力をかけることが可能です。通常の矯正治療では難しかったり、時間がかかってしまう歯でもインプラント矯正を用いることで期間を短縮することが可能になります。

治療の流れとしては、

・インプラント矯正を行う部分のレントゲンを撮影し、埋入に問題がないかを確認します。

・埋入個所を消毒します

・インプラントを埋め込みます。治療は約10分程度です。

・埋め入れ後は数週間~1か月程度様子を見て、固定されていることが確認されてから使用します。

 

③ インプラント矯正は痛くないの?麻酔を用いるので痛みは少なく治療ができるインプラント矯正

インプラント矯正は上記のように埋め入れ前に麻酔を行いますので、痛みは殆どありません。

 

④ インプラント矯正はアフターケアが必要?矯正用インプラントは治療後の除去が必要

インプラント矯正は、必要な際にのみ使用する治療法です。必要がなくなれば矯正治療中でも除去をします。

除去時には麻酔を行いますので、痛みはありません。

抜き取った個所の歯肉は数日経過すると、回復し、目立たなくなります。埋め込まれていた骨の部分も1か月以上経過すれば、再生され修復されます。

pagetop