神戸,西宮の歯医者、歯科なら屈指のインプラント実績|小西デンタルクリニック

診察・相談のご予約は 0798-56-8555

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

△…17:00まで/
休診日:日曜日・祝日

インプラントに注力する理由

インプラントに注力する理由

インプラントに
注力する理由REASON

インプラントに注力する理由

私が歯科診療に携わるにあたり、一番患者様に喜んでもらえる治療はなんだろうか、
どうせやるなら一番喜ばれる治療がしたい!
それが自分自身のやりがいや喜びになると思いました、インプラント治療にかかわるようになりました。

私は、5年間、明海大学病院のオーラルリハビリテーション講座PDI診療センターでお世話になりました。ここには、大学病院の高度な設備とより専門的な知識と技術を求めて、藁をもすがる思いの患者様が多く来院されます。

通常、大学病院は親不知を抜くのは口腔外科、かぶせ物の治療は歯科補綴科、根っこの治療は歯科保存科など細かく分かれていますが、こちらに来院される患者様はインプラントを含め、一口腔単位の総合的な治療計画が必要になります。要するに治療期間も長期になる総合的な治療(かみ合わせ治療、歯周病治療、根管治療、等)が必要な難症例の方ばかりです。

そのような難症例の患者様をいきなり治療できるわけもなく、最初の2年間は毎日毎日、診査診断をして、治療計画をたてるトレーニングをし、インプラントオペや歯周外科のアシスタントとして勉強に励む日々でした。

この一口腔単位で治療計画たてることが今当然のようにできるのは、この研修医時代のトレーニングの賜物であり、がかけがえのない無形の財産になっています。

ようやくインプラント治療にメインでできるようになり、難症例を含む多くの症例を一口腔単位で治療してきました。

そして、関西に戻り、開業するまでお世話になったタバタデンタルクリニックでも、審美歯科やインプラントの難症例に多く携わらせ頂きました。
私の恩師である田畑勝彦先生にはどんな難症例でも患者様が最高の満足が得られる治療技術、説明力はもとより、歯科医師という前に人間としてどうあるべきか、リーダーとしてどうあるべきか、責任を果たしながら生きていく大切さを教わりました。
これらの素晴らしいご縁がなければ、今の私は存在しません。

2011年の開業以来現在までも多くのインプラントや審美症例に携わり、実感したのが、インプラントは他のどの治療と比べても非常に満足度の高い、患者様に喜ばれる治療だということです。

入れ歯の治療もかなり多く携わりましたが、やはり限界があると考えております。
違和感なく思いっきり噛んで何でも食べられて、思いっきり歯を出して笑えて・・・・
となると、入れ歯だと違和感はどうしてもでますし、思いっきり噛むと沈みますし、思いっきり歯を出して笑うと銀色のバネがみえてしまいます。

当院のインプラント治療を通じて、食事がおいしく頂けて
思いっきり口を開けて笑える快適な生活がおくれるよう少しでもお手伝いができたら思います。

pagetop